パワプロ雑記帳

個人的なパワプロ企画や思ったことなどを徒然と書いていくブログになります

ペナント攻略

※注意※

パワプロ2016ver.1.06以前に、自分用に調べたものです。

間違いがあるかもしれないので、全部を信用しないでください。

またver.1.07以降、仕様変更されている部分が多数あります。

 

■成長タイプ(以下のいずれかに必ず分類される)

・投手野手共通
 超早熟

  成長期   18歳~23歳

  微衰退期  24歳~26歳

  衰退期  27歳~
 早 熟

  成長期   18歳~25歳

  微衰退期  26歳~28歳

  衰退期  29歳~
 普 通

  微成長期 18歳~22歳

  成長期   23歳~30歳

  微衰退期  31歳~33歳

  衰退期  34歳~
 晩 成

  微成長期 18歳~27歳

  成長期   28歳~35歳

  微衰退期 36歳~38歳

  衰退期  39歳~
 超晩成

  微成長期 18歳~31歳 

  成長期   32歳~39歳

  微衰退期  40歳~42歳

  衰退期  43歳~

※ 超早熟以外、必ず成長期が8年間、微衰退期が3年間ある

※ 練習の矢印の大きさで判別することができるので、ドラフト後はすぐに入団選手を確認すること

※ 微成長期は、基礎能力より、特殊能力指導、変化球練習の方が、効率が良い

※ 微衰退期は、落ちた基礎能力が元に戻ることはあっても成長することはないので、特殊能力指導の方が、効率が良い

※ ふたつ名「期待の逸材」とは、「高卒選手で、成長タイプが普通・晩成・超晩成のいずれかの選手」に無条件で付くものであり、選手能力や成績には一切関係がない

※ ver.1.07以降では、早熟、普通、晩成タイプで成長期が最大で2年ずれて早く始まったり遅く始まったりするという選手特性が追加されています。

(普通の場合、成長期が開始する年齢が21~25歳のいずれかであるということ)


■能力タイプ(以下のいずれかに必ず分類される)

・投手
 速球派、軟投派、技巧派、本格派

・野手
 バランス型、パワー型、スピード型、守備型


■成長限界

選手には、能力タイプごとに基礎能力の上限値が決められており、その上限値が成長限界となる。
コーチの育成力や練習機材のレベルで成長限界を上昇させることができる。
()内は、最大まで上昇させた時の上限値。

ver.1.07では、この成長限界が選手個別に設定されるようになっており、かなり下方修正されています。「高スペックのルーキーが入団したと喜んでいたら、能力が全く伸びない」なんてこともあります。

・投手

 速球派
  球速               159(175)km
  コントロール   80(90)
  スタミナ          85(90)
  総変化量            7(9)
  球種                    2(3)

 軟投派
  球速                147(155)km
  コントロール    80(90)
  スタミナ          85(90)
  総変化量          12(14)
  球種                    4(4)

 技巧派
  球速                149(157)km
  コントロール   90(100)
  スタミナ          85(90)
  総変化量          11(13)
  球種                    3(3)

 本格派
  球速                155(162)km
  コントロール   80(90)
  スタミナ          85(90)
  総変化量            9(11)
  球種                    3(3)

・打者

 バランス型
  ミート  90(100)
  パワー  70(90)
  走力      70(90)
  肩力      70(90)
  守備力  70(90)
  捕球      70(90)


 パワー型
  ミート  70(90)
  パワー  90(100)
  走力      60(70)
  肩力      75(90)
  守備力  65(80)
  捕球      65(80)

 スピード型
  ミート  70(90)
  パワー  70(90)
  走力      90(100)
  肩力      70(90)
  守備力  70(90)
  捕球      70(90)

 守備型
  ミート  70(80)
  パワー  65(80)
  走力      85(90)
  肩力      90(100)
  守備力  90(100)
  捕球      90(100)


■ベテラン選手の特殊能力指導の条件

・年齢が35歳以上のベテラン選手、または、年齢が32歳以上でプロ通算12年以上のベテラン選手

・指導を受けられるのは、上記指導できるようになる項目を満たすまで

・指導者側になっても、習得中であれば、その特能練習はキャンセルされない

・指導者側であっても、コーチからは指導を受けることができる

 

■引退選手のコーチ転向

 育成力 :選手時の通算成績
 分析力 :選手時の特殊能力

      現役年数(12年、15年、18年、20年でアップ)

 指導型 :選手時の能力タイプ
 特殊能力:選手時の特殊能力

      現役年数(10年未満なら1個、以上なら2個)

 変化球 :選手時の得意球

      現役年数(10年未満なら1個、以上なら2個)

■育成力に影響する通算成績

 投手コーチ
  150勝、200勝

  180セーブ、250セーブ

  300ホールド

  1500奪三振、2000奪三振

 打撃コーチ
  1500本安打、2000本安打

  350本塁打、500本塁打

  1200打点、1800打点

 守備走塁コーチ 
  300盗塁、500盗塁

  50三塁打、80三塁打

  1200得点、1500得点


■分析力に影響する特殊能力

投手コーチ
プラス効果 :牽制○、クイックAorB、ポーカーフェイス、リリース○、球持ち○、緩急○
マイナス効果:闘志、一発、寸前×、短気、乱調

打撃コーチ
プラス効果 :選球眼、代打○、バント職人、粘り打ち、チームプレイ○、いぶし銀
マイナス効果:三振、ムード×、チームプレイ×、併殺

守備走塁コーチ
プラス効果 :キャッチャーAorB、ささやき戦術、守備職人、ゲッツー崩し、盗塁AorB
マイナス効果:エラー


■コーチの海外留学

コーチとの契約5年目が終了すると、6年目の契約更改の際に海外へ留学できる。
 育成力と分析力が1ランクアップ
 好きな特殊能力を1個取得
 投手コーチは変化球も1個追加取得

 ※注意
  海外留学すると、翌シーズンの6月までコーチ不在となる。
  その間はコーチの特別練習は行えない。
  習得中の特別練習はキャンセルされてしまう。


■留学

ver.1.07以降、留学できる回数が1選手につき1回に修正されています。

また、検証していませんが、留学した際に能力の上昇値が低くなったようです。

 

           必要Pと条件
ヨーロッパリーグ   30000 ゴールデングラブ賞
アフリカリーグ    50000 オールスター出場  
チャイナリーグ    10000 プレイ年数が奇数年
コリアリーグ     10000 プレイ年数が偶数年
オーストラリアリーグ 20000 ベストナイン獲得
アメリカリーグ    35000 リーグ優勝
メキシコリーグ    40000 交流戦優勝
ドミニカリーグ    40000 ファン人数5万人
ペナン島       55000 日本シリーズ優勝

 

投手
 ヨーロッパリーグ

  球速+1~2km

  コントロール+10~25

  スタミナ+1~10

  変化球+1~2
 アフリカリーグ

  球速+1~2km

  コントロール+1~10

  スタミナ+10~25

  変化球+1~2
 チャイナリーグ

  特殊能力をランダムで取得

   (青能力2個、赤能力1個(50%))
 コリアリーグ

  球速+1~5km

  コントロール+5~15

  スタミナ+5~15

  変化球+1~2
 オーストラリアリーグ

  赤能力を3個まで消去
 アメリカリーグ

  球速+3~5km

  コントロール+1~10

  スタミナ+1~10

  変化球+0~1
 メキシコリーグ

  球速+1~3km

  コントロール+5~10

  スタミナ+5~10

  変化球+3~5(総変化量10まで増える)
 ドミニカリーグ

       球速+5km、コントロール+30、スタミナ+30、変化球+4

  の中から1つ
 ペナン島リーグ

  球速+5km、コントロール+25、スタミナ+25、変化球+3、新変化球取得+1

  の中から2つ

野手

 ヨーロッパリーグ
  ミート+1~5

  パワー+1~5

  走力+1~5

  肩力+5~15

  守備力+10~20

  エラー回避+10~20
 アフリカリーグ      

  ミート+5~7

  パワー+5~7

  走力+10~25

  肩力+5~7

  守備力+5~7

  エラー回避+5~7
 チャイナリーグ

   (青能力2個、赤能力1個(50%))
 コリアリーグ        

  ミート+5~10

  パワー+5~10

  走力+5~10

  肩力+5~10

  守備力+5~10

  エラー回避+5~10
 オーストラリアリーグ

  赤能力を3個まで消去
 アメリカリーグ      

  ミート+5~15

  パワー+10~20

  走力+1~5

  肩力+1~5

  守備力+1~5

  エラー回避+1~5
 メキシコリーグ      

  ミート+10~20

  パワー+5~15

  走力+1~5

  肩力+1~5

  守備力+1~5

  エラー回避+1~5
 ドミニカリーグ      

  ミート+30、パワー+30、走力+30、肩力+30、守備力+30、エラー回避+30

   の中から1つ

 ペナン島リーグ      

  ミート+30、パワー+30、走力+30、肩力+30、守備力+30、エラー回避+30

   の中から2つ

 

■特殊能力習得に必要な日数

 検証条件:ver.1.06、微成長期の選手

 

投手特殊能力

 習得日数約2日

  投球位置左
  投球位置右
 習得日数約100日
  牽制○
  テンポ○

 習得日数約120日

  対左打者
  クイック
  打球反応○
  ケガしにくさ
  調子安定

 習得日数約167日

  対ピンチ
  打たれ強さ
  緩急○
  リリース○
  球持ち○
  尻上がり

 習得日数約200日

  ノビ
  奪三振
  キレ○
  逃げ球
  威圧感

 

野手特殊能力

 習得日数約2日

  積極打法
  慎重打法
  慎重盗塁
  積極走塁
  積極守備

 習得日数約100日

  バント○
  強振多用
  ミート多用
  積極盗塁
  チームプレイ○

 習得日数約120日

  弾道
  チャンス
  対左投手
  初球○
  固め打ち
  粘り打ち
  チャンスメーカー
  意外性
  調子安定
  調子極端
  ヘッドスライディング
  ゲッツー崩し
  内野安打○
  盗塁
  走塁
  送球
  ケガしにくさ
  高速チャージ

 習得日数約167日
  いぶし銀
  逆境○
  ハイボールヒッター
  ローボールヒッター
  流し打ち
  プルヒッター
  満塁男

 習得日数約200日
  アベレージヒッター
  パワーヒッター
  広角打法
  威圧感
  キャッチャー

具体的な検証していませんが、微衰退期以降は微成長期よりも習得にかかる日数が増えます。

シーズンオフ期間中に経験値は得られません。

ver.1.07以降、特殊能力習得に必要な日数は増加傾向にあると思います(体感)。

また、ver.1.07以降、特殊能力練習が得意、不得意という新しい選手特性が追加されています。

パワプロ2018ではさらに特殊能力習得に必要な日数が増加したように思います。これも体感ですが、ほぼ間違いない事実です。なので、上記されている日数はパワプロ2018プレイ時には参考にしないでください。

 

 

■金特殊能力の習得条件

投手

・強心臓
条件:「プロ10年以上」「対ピンチB以上」「年平均100イニング以上登板」「通算防御率2.50以下」「通算被本塁打率0.40以下」
上記条件を満たす投手が、シーズンで「100イニング以上登板」「被安打率0.200以下」を記録した際に10%の確率で発生


左キラー
条件:「プロ5年以上」「対左打者B以上」「年平均50イニング以上登板」
上記条件を満たす投手が、シーズンで「30イニング以上登板」「対左打者被安打率0.135以下」を記録した際に10%の確率で発生


・不屈の魂
条件:「プロ5年以上」「打たれ強さB以上」「年平均150イニング以上登板」「通算防御率3.00以下」
上記条件を満たす投手が、シーズンで「150イニング以上登板」「防御率2.50以下」を記録した際に20%の確率で発生


・怪童
条件:「プロ5年以上」「ノビA以上」「通算奪三振率8.00以上」「通算防御率2.90以下」
上記条件を満たす投手が、シーズンで「100イニング以上登板」「奪三振率9.00以上」を記録した際に10%の確率で発生


・走者釘付け
条件:「プロ10年以上」「クイックB以上、牽制○、打球反応○、守備力A以上」「年平均50イニング以上登板」
上記条件を満たす投手が、シーズンで「50イニング以上登板」した際に20%の確率で発生


・ガソリンタンク
条件:「プロ5年以上」「回復A以上」「年平均70試合以上登板」「通算防御率3.00以下」
上記条件を満たす投手が、シーズンで「70試合以上登板」した際に20%の確率で発生


・怪物球威
条件:「プロ7年以上」「重い球、ノビC以下、149キロ以下」「年平均50イニング以上登板」「通算防御率3.00以下」「通算被本塁打率0.30以下」
上記条件を満たす投手が、シーズンで「30イニング以上登板」「被本塁打率0.30以下」を記録した際に10%の確率で発生


・驚異の切れ味
条件:「プロ5年以上」「キレ○、変化量5以上の変化球」「年平均50イニング以上登板」「通算防御率2.90以下」
上記条件を満たす投手が、シーズンで「30イニング以上登板」「奪三振率9.00以上」を記録した際に10%の確率で発生


・精密機械
条件:「プロ12年以上」「低め○、コントロール95以上」「年平均100イニング以上登板」「通算防御率3.00以下」
上記条件を満たす投手が、シーズンで「100イニング以上登板」した際に10%の確率で発生


・鉄腕
条件:「プロ10年以上」「調子安定、コントロールA以上、スタミナA以上」「年平均勝利数13勝以上」
上記条件を満たす投手が、シーズンで「15勝以上」を記録した際に20%の確率で発生


ドクターK
条件:「プロ5年以上」「奪三振、ノビC以下、キレ○なし」「年平均50イニング以上登板」「通算奪三振率9.00以上」「通算防御率3.00以下」
上記条件を満たす投手が、シーズンで「30イニング以上登板」「奪三振率9.00以上」を記録した際に30%の確率で発生

 

・変幻自在
条件:「プロ10年以上」「緩急○、変化量3以上の3球種、143キロ以下」「年平均100イニング以上登板」「通算防御率3.00以下」
上記条件を満たす投手が、シーズンで「100イニング以上登板」「防御率2.50以下」を記録した際に30%の確率で発生


本塁打厳禁
条件:「プロ5年以上」「逃げ球」「年平均50イニング以上登板」「通算防御率3.25以下」「通算被本塁打率0.25以下」
上記条件を満たす投手が、シーズンで「30イニング以上登板」「被本塁打率0.10以下」を記録した際に10%の確率で発生

 

 野手

編集中...